読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋月と井村

息子がインフルエンザにならないための接種に出かけました。
私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射をされています。予防注射の後は怖かったーと口にしていました。もっと怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。
乳酸菌を取り入れると色んな効用があります。
たとえば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境をより良くします。

結果、免疫力が上がり、たくさん健康に対する効果を得られます。
ほかにもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあるのです。
乳酸菌は身体の健康をより良くする働聴かけが高いと言われています。乳酸菌シロタ株から連想されるのは、何といってもヤクルトです。

昔、白血病になり闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでの演技が高い評価をうけているCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、おおきな効果が得られ沿うな気分です。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは誰でもわかっています。しかし、乳酸器は胃酸が不得意なので、せっかく食べても胃で死滅して効果はあまり期待できないのではというふうに期待していない人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康に大変効果的です。
ここ最近の研究でインフルエンザの予防には乳酸菌がすごく有効だということがはっきりとわかってきました。
インフルエンザはワクチンだけで完璧に防ぐ事は出来ません。
日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力が高くなって、インフルエンザの予防となったり、軽い症状にする効果が高まるりゆうですね。近頃は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。

年々予防注射を実施する人も上昇しているそうですが、都市部では莫大な人数がかかる結果となっています。

感染の経緯は色々と考えられますが、公共交通機関や街中、職場など、大人数と接触する時に感染をしているのだと思います。

http://sd6l9tsaekkhaureweo.hatenablog.com/


乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でも腸を整える効果が高い事です。



オナカの中の善玉菌数を増やすことで腸の中が活発になり体内に溜まっていた便が出されやすくなります。

その為、便秘や下痢になりにくくなります。乳酸菌を常用することで整腸効果が高まります。
花粉症となってしまって以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。二年前に花粉症になってしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

お薬を飲むことは避けたいことだったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌飲料を試用してみました。現在の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。